チャイルドシートはいつまで必要?設置場所・後ろ向き・罰則などについても説明
カー坊カー坊

ねえ博士。子供を車に乗せる場合はチャイルドシートは必須ですか。

くるま博士くるま博士

そうだね。必須だよ。チャイルドシートに乗せていなかったらチャイルドシート義務違反になるよ。

カー坊カー坊

そうなんですね。ではチャイルドシートっていつまで必要なんですか。

くるま博士くるま博士

いつまでっていうのは何歳までということでいいのかな。

カー坊カー坊

そうです。

くるま博士くるま博士

チャイルドシートの使用は6歳未満となっているよ。だから5歳までは必要だね。道路交通法で定められいるから、6歳未満の場合でチャイルドシートを使用していないと、チャイルドシート義務違反になるよ。

カー坊カー坊

そうなんですか。ありがとうございました。

チャイルドシートが必要なのは5歳まで

87e9e2bc94890372d9b254e5e4f10b79_s

自動車の運転者は、チャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗せて運転してはならないことが、道路交通法第71条の3第3項で決められているので、5歳まではチャイルドシートが必要となります。

なぜチャイルドシートが必須となっているかは、体が小さい子供はシートベルトが体に合わず、交通事故を起こした場合に意味を成さないことがあるからです。

またチャイルドシートを使用していても、ちゃんと使用していないとその意味を成さないこともありますので、車両への取付け固定を十分に行ったり、正しく座らせたりすることが大切です。

6歳以上でも必要な場合も

6歳以上の場合でも、体格等の事情により、シートベルトを適切に着用させることができない場合は、チャイルドシートは使用するようにしましょう。

チャイルドシートはあくまで子供の命を守るものですので、6歳になったからいいやと判断せず、安全性を考えるようにしましょう。

設置場所

4d091fd3f337ba0f57d160c19c758af6_s

チャイルドシートの設置場所は後部座席にするのが一般的ですが、どういう事故によってもリスクが違ってくるので、設置場所はなかなか難しいものです。

安全性を考えると後部座席に設置するのが一般的で、運転席の後ろに設置するという声が多いです。3列シートの場合は2列目です。

助手席の場合はエアバックが作動して、子供が大きな衝撃を受けてしまう可能性があるので、できれば避けたいところです。

後ろ向きに乗せるのはいつまで

0bb7940b34e08f6a79d38bbef560291d_s

チャイルドシートを後ろ向きで設置するのは新生児から9~10kg未満となっています。個人差があるので一概には言えませんが、だいたい生後9ヶ月ほどの時期を指します。

なぜ後ろ向きに設置するかというと、事故のときに乳児への衝撃を小さくするためです。乳児は骨格がまだ固まっていないので、前向きに設置するより後ろ向きに設置したほうが体への負担が少なくなります。

罰則について

0df3581c606485a224c18e8c02778960_s

チャイルドシートが必要な子供がいるのに、チャイルドシートを設置して乗せていない場合は、チャイルドシート義務違反となり、1点の加点、反則金はありません。

チャイルドシートの設置は義務ですから、チャイルドシートが必要なこどもがいる場合は、必ずチャイルドシーを設置して正しく乗せるようにしましょう。

レンタルは出来る?

47d78e1eea489dcbb7cb54e8762757ee_s

小さい子供はいないものの、息子や娘や兄や妹が帰省で子供を連れて帰ってきた場合、一時的にチャイルドシートが必要な場合があると思います。

一時的しか使わないのに、わざわざ購入するのはもったいないなんて思う方も多いのではないでしょうか。

そういうときは警察署でチャイルドシートをレンタルしているので、借りることができます。

料金は無料と有料のところがあり、都道府県によって違ったり、県によっては貸し出しを行っていない県もありますので、レンタルしたい方は管轄の警察署で聞いてみるといいでしょう。