N-ONE(エヌ ワン)の中古車の選び方・相場・維持費など

N-ONEはN‐BOXから展開されたNシリーズの第3弾として、2012年11月にホンダから発売された軽自動車(軽トールワゴン)です。

2012年発売とまだまだ比較的新しい軽自動車ですので、中古を探す場合安くても50万円ほどと、そこまで安い中古車はほとんど出回っていません。

予算は総額で100万円もあれば、比較的多くの状態の良い中古車から探すことができると思います。

N‐ONEの紹介動画です。

N‐ONEの選び方その1 どのボディカラーにするか

N‐ONEのボディカラーは

・プレミアムホワイト・パール
・ミラノレッド
・プレミアムイエロー・パール
・クリスタルブラック・パール
・チェリーシェルピンク・メタリック
・イノセントブルー・メタリック
・アラバスターシルバー・メタリック
・プレミアムディープモカ・パール
・プレミアムディープロッソ・パール
・プレミアムブルームーン・パール

などがあり、上部としたの部分でカラーが違うツートン仕様もあります。(ボディーカラーはグレードによってある色とない色があります)

人気があるのはやはりプレミアムホワイト・パールのようで、個人的にはプレミアムイエロー・パール、プレミアムディープモカ・パールなどが好きですね。

また、ツートンもありだと思います。まあこの辺りは私がとやかく言うことではないので、気に入った色を選んでください。

中古車の相場はいくら

とりあえずカーセンサーのN‐ONEの中古車相場表を見てみましょう。

[引用元: N‐ONEの中古車相場表]
※画像は2017年3月5日調べ

N‐ONEはまだまだ新しい軽自動車ですので、中古でもそれなりにします。中古車が多く出回っているのが2013年式となっており、70万円台から120万円台の中古車が多く、この年式ですとこの辺りが相場といえると思います。

2015年や2016年など最近の年式でいうと、そこまで中古車は出回っていませんが、100万~150万円ほどの中古車が多くなっているので、最近の年式ですとこのぐらいの予算は必要になると思います。

ただ新車でも110万円~190万円ほどとなっているので、自分が欲しいグレードなどと相談して中古車とあまり変わらないようであれば、新車の購入を考えてもよいかとも思います。

維持費はどれぐらいかかる

N-ONEは軽自動車ですので、維持費はそれほどかからないと思います。

■ガソリン代

燃費に関しては、調べた感じではリッター14~18㎞ほどになるようです。(車の状態や乗り方によって変わってきます。街乗りや渋滞では悪くなり、空いている道や高速などではよくなります。)

リッター16kmで計算すると、年間5000㎞乗った場合、レギュラーガソリンを120円で計算したら、年間37,500円となり、月3,125円となります。

■自動車税

N-BOXの軽自動車税は7,200円か10,800円となります。(新車登録が平成27年4月以降の場合は10,800円)

結構未来の話ですが、最初の新規検査から13年を経過した軽自動車は、自動車税が7,200から12,900円になりますので、将来的に上がる可能性があります。

■自動車保険

自動車保険は軽自動車ですので比較的安いです。あとは契約内容や年齢、ノンフリート等級によって変わってくるので何とも言えません。

■車検

車検に関しては軽自動車ですので安くつくと思います。比較的新しい車ですので、故障個所や部品の交換は出にくいともいます。

ただタイヤは5年ほどで寿命となり、結構費用が掛かるのでタイヤの交換費用が必要になる可能性があります。

また、N‐ONEはタイミングチェーンを採用しているので、10万㎞を目安に交換が必要なタイミングベルトの交換は費用ありません。

楽天車検の全国平均が53,220円となっています。

良かった点と気になった点

カーセンサーの口コミによると良かった点として挙げられていたのが、

・内装も外装もデザインがいい
・燃費がいい
・小回りが利く
・室内が広い
・運転しやすい
・走り安定している

などの点が挙げられていました。

気になった点では

・思ったより燃費が良くない
・街中では燃費悪い
・収納が少ない

などの点が挙げられていました。