ライフ(ホンダ)の中古車の選び方・相場・維持費など

ライフは1971年にホンダから発売された自動車で、初代のみ普通車となっており、1997年に発売され2代目以降は軽自動車となっています。

・初代 1971年~1974年に発売
・2代目 1997年~1998年に発売
・3代目 1998年~2003年に発売
・4代目 2003年~2008年に発売
・5代目 2008年~2014年に発売

2014年に5代目で生産が終了しており、流れ歴史に幕を閉じています。

ライフの紹介動画です。

ライフの選び方その1 どのシリーズにするか

ライフは2014年の生産終了までに5シリーズが発売されていますが、どのシリーズにしようか迷うところだと思います。

年式で考えれば3代目以降のライフを選ぶのが現実的かと思います。

3代目ライフと当時人気があり、街中を見渡してもよく走っていたのを覚えています。ですので現在でもかなり多くの中古車が出回っており、中古車も低予算でかなり探しやすいです。

ただ結構古いので状態は良くない車が多いと思います。

見た目に関しては、初代はともかく2代目以降のライフとそこまで違いはないと思います。この辺りは好みで選べばいいと思います。

4代目まではかなり低予算で購入が可能ですので、あまり予算がない方は4代目辺りで探してみるのもよいかと思います。

中古車の相場はいくら

とりあえずカーセンサーのライフの中古車相場表を見てみましょう。

[引用元: ライフの中古車相場表]
※画像は2017年3月10日調べ

2003年に以前の古い年式であれば、10万円台20万円台の中古車が非常に多く、この辺りが相場になります。

2010年以降の比較的新しい年式になると、50万円以上する中古車も多く、50万円から70万円前後が相場になってくると思います。

2010年以前であれば比較的リーズナブルな価格で購入できる軽自動車だと思います。

維持費はどれぐらいかかる

ライフは軽自動車ですので、維持費はそれほどかからないと思います。

■ガソリン代

燃費に関しては、調べた感じではリッター10~15㎞前後ほどになるようです。歴史のある車なので、古いタイプのほうが比較的燃費は悪くなると思われます。(車の状態や乗り方によって変わってきます。街乗りや渋滞では悪くなり、空いている道や高速などではよくなります。)

リッター13kmで計算すると、年間5000㎞乗った場合、レギュラーガソリンを120円で計算したら、年間46,153円となり、月3,846円となります。

■自動車税

ライフの軽自動車税は7,200円になります。

最初の新規検査から13年を経過した軽自動車は、自動車税が7,200から12,900円になりますので、2017年現在2004年以前の中古車の場合は自動車税が上がります。

■自動車保険

自動車保険は軽自動車ですので比較的安いです。あとは契約内容や年齢、ノンフリート等級によって変わってくるので何とも言えません。

■車検

車検に関しては軽自動車ですので安くつくと思います。ただ古い年式の場合は、故障個所や部品の交換は出てくる可能性があります。

タイヤは5年ほどで寿命となり、結構費用が掛かるのでタイヤの交換費用が必要になる可能性があります。

また、ライフはすべてタイミングベルトを採用しているので、10万㎞前ぐらいになるとタイミングベルトを交換したほうがいいです。交換費用が結構かかります。

10万㎞近い中古車を購入する場合はタイミングベルトを交換しているか確認しておきましょう。

楽天車検の全国平均が53,220円となっています。

良かった点と気になった点

カーセンサーの口コミによると良かった点として挙げられていたのが、

・経済的
・小回りが利く
・視野が広い
・燃費がいい
・運転しやすい

などの点が挙げられていました。

気になった点では

・トランクが狭い
・パワー不足
・燃費が悪い

などの点が挙げられていました。