アルト(スズキ)の中古車の選び方・相場・維持費など

アルトは1979年にスズキから発売された軽自動車で、2017年現在も新しいシリーズが発売されている、非常に歴史のある車です。

現在までに8シリーズ出ており、新車でも100万円を切る低予算で購入できることも多く、非常に経済的な軽自動車となっています。

今中古車を買うのであれば、現実的に2004年に発売された6代目以降のシリーズがおすすめです。

8代目アルトの紹介動画です。

アルトの選び方その1 どのシリーズにするか

アルトは2017年現在までに8代目まで発売されているので、中古車を選ぶ場合何代目を選べばいいか迷うところだと思います。

年式的に見て問題なく乗れそうなのは、2004年に発売された6代目以降かと思います。1999年に発売された5代目にも乗れないことはないですが、中古価格で見ても、5代目も6代目もほとんど変わらないので、新しい6代目のほうがいいと思います。

6代目と7代目では見た目が結構違うので、見た目の好みで選んでも良いかと思います。

・6代目アルト

・7代目アルト

個人的な感覚でいうと、6代目のほうがかわいいかと思います。7代目のほうはなんか地味ですね。予算も7代目のほうが結構かかります。

あとは最新の8代目ですが、見た目は結構かわいいのですね。ただまだまだ新しい軽自動車ですので、軽自動車として予算もそれなりに掛かるので、その辺りは懐と相談して決める必要があります。

ただ燃費はかなりいいので維持費は結構安くつくと思います。

中古車の相場はいくら

とりあえずカーセンサーのアルトの中古車相場表を見てみましょう。

[引用元: アルトの中古車相場表]
※画像は2017年3月14日調べ

新車でも100万円切るグレードも多いので中古車も結構安いです。6代目になってくると、10万円20万円台の中古車が多く、この辺りが相場となってきます。

2009年に登場した7代目になると、40万円台から60万円台ほどの中古車が多いです。

2014年に登場した8台目の場合は、60万円台から80万円台の中古車が多く、新車でも安いグレードの奴はこんなもんですので、あまり変わらないです。

維持費はどれぐらいかかる

アルトは軽自動車ですので、維持費はそれほどかからないと思います。

■ガソリン代

燃費に関しては、調べた感じでは最新のものでリッター22㎞前後ほどとかなり燃費がいいです。(車の状態や乗り方によって変わってきます。街乗りや渋滞では悪くなり、空いている道や高速などではよくなります。)

リッター22kmで計算すると、年間5000㎞乗った場合、レギュラーガソリンを120円で計算したら、年間27,272円となり、月2,272円となります。

■自動車税

アルトの軽自動車税は7,200円か10,800円となります。(新車登録が平成27年4月以降の場合は10,800円)

ただし、最初の新規検査から13年を経過した軽自動車は、自動車税が7,200から12,900円になりますので、2017年現在2004年以前のアルトは自動車税が12,900円に上がります。

■自動車保険

自動車保険は軽自動車ですので比較的安いです。あとは契約内容や年齢、ノンフリート等級によって変わってくるので何とも言えません。

■車検

車検に関しては軽自動車ですので安くつくと思います。ただ古い年式の場合は、故障個所や部品の交換は出てくる可能性があります。

タイヤは5年ほどで寿命となり、結構費用が掛かるのでタイヤの交換費用が必要になる可能性があります。

アルトは2004年に発売された6代目以降はすべてタイミングチェーンを採用しているので、10万㎞前ぐらいになるとタイミングベルトの交換は必要ありません。

それより前のアルトはタイミングベルトですので、10万㎞前にタイミングベルトを交換する必要があります。

楽天車検の全国平均が53,220円となっています。

良かった点と気になった点

カーセンサーの口コミによると良かった点として挙げられていたのが、

・燃費がいい
・経済的
・小回りが利く

などの点が挙げられていました。燃費がいいという声が多かったですね。

気になった点では

・アイドリングストップになれない

などの点が挙げられていました。特にこれというものがなく、特にないという声が多かったです。