OEM(オーイーエム)車とは

OEM車とは、他社の車を製造して販売することです。実際車の中にはOEM車は結構多く、あの車が実はOEM車なのということはよくあります。

そんなことをして意味があるのと思う方もいるともいますが、メリット結構もあり、他のメーカーで販売されるということは販売ルートが増えることで、販売台数が伸びるので利益が多く出ることになります。

また、OEMを受けるメーカーは開発コストなどを大幅に削減できることで、受ける側もメリットがあり、双方ともにメリットがあるのです。

OEM車は見た目や内装はほぼ同じですが、エンブレムが違うので、若干違うようにも見えます。

ラパンとスピアーノ

・スズキのラパン

・マツダのスピアーノ

この画像を見てもらえばわかるように、エンブレムが違ったり、その周辺が違いますが、基本的な見た目はほぼ同じです。

どちらがいいということもない

見た目がほぼ同じように中身も同じですので、特にどちらが良いということはありません。ただ基本的にはOEMを受けている車のほうが売れていないことが多いので、レア関は多少上がります。

ただそこまでレアということでもないのでほんとに好みで選んで構います。

見た目が似ててもOEM車でないことも

見た目がほぼ同じでもまれにOEM車でないこともあります。それはたまたま見た目が被ったということではなく、共同開発ということもあります。

例えば三菱のeKとeKスポーツと、日産のデイズとデイズルークスは見た目はほぼ同じですが、OEM車ではなく共同開発となっています。

ですので、見た目が見ているからと言ってすべてがOEM車とは限りませんが、まあ買う方からしたらおそらくどうでもいいことですので、特に気にする必要はないでしょう。