アイドリングストップとは

アイドリングストップとは、信号待ちや停車時にエンジンを停止させるシステムを言います。エンジンを停止させることで、燃費を節約したり、排出ガスの削減などが期待できます。

普段車に乗っていると、信号待ちなのでエンジンが止まったりかかったりする光景を見たり聞いたりすることがある人も多いと思いますが、あれがアイドリングストップです。

エンジンが始動するときの燃費と、エンジンを5秒間停止させた場合の燃費が同じと言われているので、5秒以上停車することにより、燃費の向上を期待することができるようになります。

また、1日10分間アイドリングストップで車のエンジンを停止させることにより、1年間でCO2排出量が約120kgの削減が期待できます。