ガソリン代は月平均どれぐらいかかる・節約するには
カー坊カー坊

ねえ博士。車のガソリン代は月平均どれぐらいかかりますか。

くるま博士くるま博士

そうだね。乗る距離や車種によって全然違うからなんともいえないけど、そこまで乗らないのであればそんなに高いものではないよ。

カー坊カー坊

そうなんですか。

くるま博士くるま博士

そうだよ。例えば主婦の方が軽自動車でほぼ毎日近所に買い物に行く程度なら、月平均5,000円もかからないことがほとんどだと思うよ。

くるま博士くるま博士

逆に燃費が悪いミニバンとかでよく車に乗るのであれば、月のガソリン代も高くなるね。

1ヶ月の走行距離の平均は400kmほど

ad098cb14459599430e4d60fe23df38c_s

1ヶ月の走行距離は人によって違いがありますが、全体的に見て400km前後の方が多いようです。

ソニー損保が紹介している「あるクルマの一生-平均で見る日本の自動車-」では、ひと月当たりの走行距離では410kmと紹介されていました。(57秒あたり)

では月に400km走った場合でガソリン代がどのぐらいかかるかシミュレーションしてみましょう。(レギュラーガソリン145円で計算)

■燃費がリッター10kmの場合(燃費があまりよくない車)

・400÷10×145=5800

■燃費がリッター15kmの場合(燃費が普通な車)

・400÷15×145=3866.7

■燃費がリッター20kmの場合(燃費がいい車)

・400÷20×145=2900

これを見ても分かるように、あまり多くの距離を乗らないのであれば月に5000円越えることはあまりないです。燃費がよい車であればなおさらです。

年間で見ると3万円から7万円ほどとなります。あまり車に乗らない方であれば、燃費が悪くても年間のガソリン代はそこまで変わりません。

節約するには

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

ちょっとしたことでガソリン代を節約する方法はあります。あまり大幅に節約するのは難しいですが、ちりも積もれば何とやらということで、節約したい方はぜひ実践してみてください。

車を出来るだけ軽くする

車が重くなれば燃費も悪くなるので、無駄な荷物を降ろしたり、ガソリンをこまめに給油することで車を軽くすることが出来ます。節約を考えるならガソリンは満タンではなく半分ぐらいにしておくとよいでしょう。

ただ給油する機会が増えるので多少の手間はかかります。

エアコンを節約

エアコンを使うことで燃費が悪くなるので、無駄にエアコンを使わないことです。夏場なんかは車に乗ったとき室内の温度がかなり高くなるので、エアコンをガンガンにかけたくなりますが、サンシェードを利用することで対策しましょう。

また、助手席の窓をいっぱいまで開けて、運転席側のドアをパタパタすることで室内の温度を下げることも出来ます。こんな感じです。↓

タイヤの空気圧をこまめにチェック

タイヤの空気圧が正常値から約4分の1減ると、100kmにつき0.2リットルほど余計にガソリンを消費することになります。

タイヤの空気圧がガソリンスタンドでチェックすることが出来ます。ただし有料のところもあるのでそういう場合は注意が必要です。料金は100から300円程度のようです。

エンジンオイルはきれいにしておく

エンジンオイルが汚れてくると燃費が悪くなります。ただ、エンジンオイルを交換するのにもお金がかかるので特にこまめに交換する必要はありません。

エンジンオイルの交換は車種によって違いはありますが、国産車であれば大体6ヶ月か走行距離5000kmごととなっていることが多いので、このあたりを目安に交換するといいでしょう。

アクセル、ブレークはゆっくり踏む

急発進や急停止はガソリンを余計に消費することになります。

アクセスを踏むときはゆっくりと、止まるときはエンジンブレーキをうまく使うことでガソリンの消費を抑えることが出来ます。

速度は一定を保つ

時速40kmで走っているときが一番燃費の消費が緩やかと言われています。

停車時はエンジンを切る

走っていなくてもエンジンを掛けているだけでガソリンを消費しますが、5秒以上停車する場合はエンジンを切ったほうがガソリンの節約になります。

ガソリン代以外を節約

1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s

車に乗る以上ある程度お金がかかってしまいますが、ガソリン代以外にも節約できるものはあります。

まず一番大きなものとして自動車保険の任意保険。若い内やノンフリート等級が低いうちは特に保険料が高いですが、契約内容の変更や保険会社を変更することで数万円保険料が安くなることもあります。

実際あまり必要のない特約や契約条件などが付帯していることもあるので、自動車保険の見直しや保険会社の変更は、大幅に保険料を節約できる可能性があります。

自動車保険の比較は「保険の窓口 インズウェブ」がおすすめです。「保険の窓口 インズウェブ」では、最大20社の一括見積りが受けられ、自分に合った保険会社が見つけることができます。

自動車保険の更新は保険会社によって多少差はありますが、大体2・3ヶ月前となっていますので、保険の契約期間が2・3ヶ月となっている方は、ぜひ比較してみてください。(保険の窓口 インズウェブは無料で利用できますし、利用したからと言って必ず保険会社を変更する必要もありません。)

また、早く自動車保険を更新すると早割という割引を受けられる保険会社もあるので、早めの更新がおすすめです。

見積りはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

他には車検もどこに出すかで料金が違ったりもするので、ディーラー、民間工場、車検屋さん、ガソリンスタンドなど色んな所で見積りをとって比較すると節約できる可能性が高くなります。

あとこれは節約ではありませんが、車を売るときは色んな所で比較して売るということです。

車の買取価格というのは相場というものがありますが、どこで売却するかによって結構差が出ることもあります。

一括査定できるサービスもあり、いちいち色んな所でいちいち査定してもらう必要はないので、そこまで手間はかかるということもありません。