自動車保険の補償にはどんなものがあるの?
カー坊カー坊

自動車保険の任意保険に入ろうと思っているんですけど、どんなことを補償してくれるんですか。

くるま博士くるま博士

自動車保険の補償内容は大きく見て4つあって、「対人賠償」「対物賠償」「人身傷害」「車両保険」があるよ。

カー坊カー坊

そうですか。でも言葉だけだとちょっとわかりづらいんで、もう少し詳しく教えてください。

くるま博士くるま博士

そうだね。ではまず「対人賠償」からいくよ。対人賠償は事故を起こしたときに相手方の人に対する補償だよ。主に相手を死傷させた場合や治療費や慰謝料を払うときに補償されるよ。

くるま博士くるま博士

次に「対物賠償」。対物賠償は先ほどの対人が人だったのに対し、物に対して補償してくれるよ。主に事故を起こした相手の車の修理代や、ガードレールにぶつけて壊したときに修理代などが補償されるよ。

くるま博士くるま博士

そして「人身傷害」。人身傷害は自分や同乗者が事故で死傷した場合に補償してくれるよ。例えば、治療費や一時的に働けなくなったことで出る休業損害などが補償されるよ。

くるま博士くるま博士

最後に「車両保険」。こちらは自分の車に対する補償だね。相手のいない事故やこちらに非がある事故の場合は、事故相手から補償されない場合もあるから、そういう時に補償されるよ。まあこんな感じだね。

カー坊カー坊

ありがとうございました。

自動車保険の補償は4種類

3b74ce231b313db4da8dca1b0c7e77b3_s

自動車保険の補償は大きく見て4種類あり

・対人賠償
・対物賠償
・人身傷害
・車両保険

があります。

対人賠償

対人賠償は人に対して補償される保険で、唯一自賠責保険でも補償される保険です。補償内容は、事故を起こしたとき、相手方の怪我の治療費や死亡時の慰謝料、後遺症が残ったときの慰謝料などが補償されます。

自賠責保険の場合は、死亡時で最大3,000万、怪我の場合で最大120万円までとなっています。

それに比べ、任意保険では補償額を無制限まで設定することができ、ほとんどの方が無制限に設定されています。

自賠責保険では支払われる補償額に制限があるので、自賠責保険だけでは賠償金や慰謝料を補えない場合もあります。

対物賠償

対物賠償は物に対して補償される保険で、自賠責保険では補償対象外です。補償内容は、事故で相手の車を傷つけた場合や、公共要物(ガードレールや電柱など)にぶつかって壊してしまった場合などに補償されます。

補償額は無制限まで設定することができ、億を超える事故の判例も少なくないことから、ほとんどの方が無制限に設定されています。

人身傷害

人身傷害は自分や同乗者の怪我の治療費などが補償される保険です。補償内容は、事故で自分や同乗者が怪我や死坊した場合に、治療費や休業損害などが支払われます。

似たような保険に「搭乗者傷害保険」というものがありますが、補償される内容は同じです。何が違うかというと、保険金の支払われ方が違います。

どう違うのかというと、例えば事故で怪我をした場合などに、人身傷害保険の場合は保険金が100万円だったら100万円支払われるのに対し、搭乗者傷害保険は、5日以上の入院したら10万円のように、被った損害額ではなく入院費や通院費などが定額で支払われます。

また、搭乗者傷害保険は治療中でも保険金を受け取ることができるので、入院費や通院費にすぐに充てることもできます。

わかりずらい方は、人身傷害の上乗せの補償と思ったらいいと思います。

車両保険

車両保険はその名の通り車両を補償してくれる保険です。単独事故の場合や、事故でこちら側の非が大きいときは、相手方から十分な補償が受けられないこともありますので、そういう場合は故障した車を自腹で直さなければいけません。

そんな時に補償してくれるのが車両保険です。

車両保険には免責と呼ばれるものがあり、自分でいくらかを負担することを設定します。これを設定することで手厚く補償が受けられたり、保険料を節約できたりします。

例えば、免責を0-10としていた場合、前にあるの0というのは1回目の事故の場合は0なので一円も負担しなくて補償が受けられますが、後ろにある10というのは、2回目以降の場合の免責金額(自己負担額)を指しており、2回目以降車両保険を利用する場合は、10万円までは自分で負担することになります。

この免責金額の負担額が多くなれば、保険料が安くなり、負担額が少なくなれば保険料が上がります。

車両保険は補償内容にもよりますが、付帯すると結構高額になるのでつけない人も多いです。実際車両保険に加入している人が約5割ほどといわれているので、加入してない方も多いです。

補償金額の選び方

補償金額の選び方についてですが、まず「対人」と「対物」は無制限にしておきましょう。対人と対物は、万が一の場合億を超える賠償金の支払いを受ける可能性があるので、無制限にしておくのがおすすめです。

無制限にしてもそんなに保険料は変わらないので、無制限がおすすめです。

「人身傷害」は、3,000万円か5,000万円に設定する方が多いようですが、無制限にしても保険料はそこまで変わらないので無制限にする方も少なくないです。

逸失利益を加味して金額を設定したほうがいいので、若いうちは高めに設定しておいたほうがいいかもしれません。(逸失利益とは、死亡時や後遺症が残るような事故の場合に、得られなくなった利益をいいます。例:働けなくなって稼げなくなったお金など)

車両保険はどんな車に乗っているかでも全然違うと思うので、自分の懐事情と相談して、保険金額や免責額を決めてください。

車両保険を付けることで金額がきついというのであれば、車両保険を外すことも全然ありだと思います。

任意保険は別に利用しなくてもいい!?

任意保険に加入したからといって、事故を起こした場合必ず保険を利用しなければならないということはありません。保険を利用してしまえば、ノンフリート等級も下がり、翌年の保険料が上がってしまいます。

ですので、ボディを少し傷つけたなど大した事故でない場合は、保険を利用しないで自分で直した方が安くつくこともあります。その辺りはそうなったときに保険会社の方が教えてくれるはずですので、あまり気にする必要はないですが、覚えておくとよいでしょう。