新しく出来るセーフティ・サポートカー割引とは
カー坊カー坊

博士。SBI損保がセーフティ・サポートカー割引を始めると発表しましたが、セーフティ・サポートカーとは何ですか。

くるま博士くるま博士

そうだね。セーフティ・サポートカーとは、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する、自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車のことを言うよ。

くるま博士くるま博士

簡単にいうと衝突被害軽減ブレーキ(AEB)装置をを搭載している車のことを言うよ。ちなみに略称ではサポカーと言うんだ。

カー坊カー坊

そうなんですか。そういえば最近そういう車多いですもんね。

くるま博士くるま博士

そうだね。安全が進化してるのはいいことだね。この機能で事故に合わなくて済んだ人も多いと思うよ。

カー坊カー坊

おお。文明の利器はすばらしい!!

セーフティ・サポートカーとは

697644af29acf189c4dae7020ecf91da_s

セーフティ・サポートカーとは、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する、自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車のことをいい、簡潔にいうと衝突被害軽減ブレーキ(AEB)装置をを搭載している車のことをいいます。(略称はサポカー)

セーフティ・サポートカー割引は、セーフティ・サポートカーに対して割引が行われます。(割引の対象となる車には条件があるようです)

対応している保険会社は

f7448c93b3a696fae9216c98b4e6888e_s

対応している保険会社は現時点ではSBI損保だけのようです。ただ今後は他の保険会社も割引を開始する可能性はあると思います。

※その後多くの保険会社で適用されることが発表されています

いつから適用される

9b82ab7dfa18a0d4853d90f2a2aad1ef_s

セーフティ・サポートカー割引は平成30年1月1日以降が始期のご契約から適用されます。ただ見積もりや契約自体はすでに開始されています。

これに伴い、契約自動車の型式・車台番号が新たに告知事項となりますので、正しく入力する必要があります。正しく入力していないと割引が適用されない可能性のあるのでご注意ください。

詳しくはSBI損保の紹介ページをご覧ください⇒セーフティ・サポートカー割引

ソニー損保でASV割引(自動ブレーキ割引)が開始

c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_s

ソニー損保でも2018年4月1日から名称は違いますが、ASV割引(自動ブレーキ割引)が開始されます。ソニー損保では割引率が9%と結構大きいので約1割近くの保険料を割り引きしてもらうことができます。

ASV割引の適用条件として

1. 用途車種が自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車のいずれかであること。
2. 自家用(普通・小型)乗用車の場合は、保険始期日時点で発売から約3年以内(発売年度に3を加算した年(暦年)の12月末までの期間)の型式であること。
3. 自動ブレーキ装置が装着されていること。

の3つのすべて満たしていることが条件になります。

注意すべて起点としては、乗用車の場合は保険始期日時点で発売から約3年以内の型式というところだと思います。簡単に言うと最近(3年以内)発売された車でなければだめですよということなので、比較的新しい車しか割引を受けることができません。

※ASVとは運転をアシストする様々な技術が搭載された自動車のことをいい、AEBとはその中の衝突被害軽減ブレーキのことをいいます。

多くの保険会社でASV割引が適用

cfdccf9964c9d1b2184300a2726ff234_s

多くの保険会社でASV割引を行うということが発表されています。

・イーデザイン損保
・アクサダイレクト
・三井ダイレクト損保
・セコム損保
・チューリッヒ
・おとなの自動車保険
・東京海上日動
・三井住友海上
・あいおいニッセイ同和
・損保ジャパン日本興亜
・AIG損保

など

ほとんどの保険会社で適用が発表されているので、かなりメジャーな割引となりそうです。ですので割引を受ける際特に保険会社を選ばなければいけないということもなさそうです。