新しくできた故障運搬時車両損害特約とは
カー坊カー坊

博士。損害ジャパン日本興亜で新しくできた故障運搬時車両損害特約ってなんですか。

くるま博士くるま博士

2019年1月1日から開始された特約だね。故障運搬時車両損害特約とは、簡単に言うと電気系統やエンジンが故障した場合でも補償が受けられる特約だよ。

くるま博士くるま博士

これまで自動車保険では故障に対する補償はなかったから、なかなか画期的な特約だね。

カー坊カー坊

そうなんですか。すごいですね。

故障運搬時車両損害特約とは

5ac4d01f90a8d16bad00616d2305ea13_s

電気系統やエンジンなどの故障の損害を補償してくれる特約で、業界初の特約となっています。車両保険では故障に対する補償は受けられませんので、なかなか画期的な特約となっています。

詳しい内容は保険契約車両が故障で走行不能となって、レッカーけん引された場合に、故障に対して協定保険価格または100万円のいずれか低い額を限度に保険金が支払われる特約です。

補償の対象となるには、保険契約車両をレッカーけん引することを事前に損害ジャパン日本興亜に連絡した場合に限ります。

保険料

契約内容により保険料は変わってきますが、平均2,000円程なっており、そこまで高い特約ではありません。

ノンフリート等級について

故障運搬時車両損害特約で補償を受けた場合、1等級ダウン事故の対象となるので、ノンフリート等級はワンランクダウンします。

主な損害例

①オイルポンプの破損などによる油圧の低下や冷却システムの故障が原因でオーバーヒートし、エンジンが破損し動かなくなった。

②何らかの原因でATミッション内部の油圧が低下し、オイルが焦げたような異臭が発生した結果、自動車が動かなくなった。

保険金が支払われない主なケース

・走行不能となりレッカーけん引することを事前に損害ジャパン日本興亜に連絡しなかった場合
・不正な改造などに起因する故障損害
・自動車製造業者の取扱説明書に記載している取り扱い方法とは異なる仕様、保管または使用の限度を超える酷使に起因する故障損害
・車検切れの場合
・法令上の定期点検整備(1年点検)を怠ったことに起因する故障損害
・通常の注意で発見および処置できるのもかかわらず放置したことにより拡大した故障損害または整備不良あるいは間違いに起因する事故
・走行不能の原因となった故障損害に起因しない故障損害
・チューブ、バッテリー、冷却水などの消耗部品、油脂などの交換または補充に関する費用