年齢によって自動車保険は安くなるの?
カー坊カー坊

年齢によって保険料が安くなるって聞いたんですが本当ですか。

くるま博士くるま博士

本当だよ。自動車保険では年齢条件というものがあり、年齢によって保険料が違ってくるよ。

カー坊カー坊

なんで年齢によって保険料が違ってくるのですか。

くるま博士くるま博士

自動車保険ではリスク分散化という形態をとっており、事故を起こす確率が高い十代と二十代前半は特に保険料が高くなる傾向があり、年齢が上がるほうが保険料が安くなっていくのだよ。

年齢が上がると保険料やすくなる

保険会社では年齢が上がると保険料が安くなるようになっており、年齢の対象は

・全年齢補償
・21歳以上補償
・26歳以上補償
・30歳以上補償
・35歳以上補償

などで分けられており、保険会社によってはこれよりも少ない区切りで分けられている保険会社も多くあります。また、「セゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険」のように1歳区切りで契約する保険会社もあります。

年齢条件を決める際の注意点

年齢条件を決める際の注意点として、設定した年齢条件より低い年齢の方が運転して事故を起こした場合、補償を受けられないという注意点があります。

例:とある夫婦、夫27歳、妻25歳の場合、年齢条件を26歳以上補償にしていた場合、夫が事故を起こした場合は補償を受けられるが、妻が事故を起こした場合は補償を受けることができません。

このように、保険の契約者の年齢に年齢条件を合わせるのではなく、車を運転する人の年齢に合わせる必要があります。ですので、40過ぎだった場合でも、十代の子供が車を運転するようになれば、年齢補償は「全年齢補償」を選ぶ必要があります。

運転者の範囲との兼ね合いで決める

年齢条件を決める場合は、「運転者の範囲」との兼ね合いで決めましょう。運転者の範囲とはだれが運転している場合に補償されるかを決める範囲で、運転者の範囲は

・運転者限定なし・・・限定対象なし/割引なし
・本人限定・・・保険契約者のみ/割引率高い
・夫婦限定・・・保険契約者・配偶者/割引率普通
・家族限定・・・保険契約者・配偶者・家族/割引率少なめ

があり、年齢条件との兼ね合いで決める必要があります。補償を受けるのは年齢条件と運転者の範囲の両方の対象者でなければならないので、どちらか片方だけでも対象していないと補償を受けることができなくなってしまいますので、気を付けましょう。

年齢による保険料の差がどれぐらいある

年齢により保険料の差は、もともとの保険料がどのぐらいになるのか契約内容やノンフリート等級などによって違ってくるので正確には言えませんが、21歳以上補償になる頃には、十代の頃の保険料より半額ぐらい保険料が安くなります。

そして26歳以上補償を受けられるようになる頃には、そのころからまた半額ぐらいまで保険料が下がります。

30歳以上補償がある保険会社では30歳以上でまた年齢条件での割引が適用されますが、ここからは保険料はあまり下がりません。この頃にはノンフリート等級も上がっており、保険料自体もかなり安くなっているので、割引される保険料も少なくなっていきます。

保険料の例(あくまで目安です。車両保険もついていませんし、車種や保険会社によっても違ってきます。)

・18歳・・・126,300円
・21歳・・・57,000円
・26歳・・・29,000円
・30歳・・・22,000円