年間走行距離を超えた場合どうなる?
カー坊カー坊

自動車保険の契約や更新をするとき、年間走行距離を申請する保険会社がありますが、実際に走った距離じゃなくて、予想の走行距離を選択するので、それを超えた場合はどうなりますか。

くるま博士くるま博士

設定した年間走行距離を超えてしまった場合は、設定した年間走行距離を超えたことを契約中の保険会社に伝えて、超えた分の差額の保険料を払う必要があるよ。

カー坊カー坊

そうなんですか。だったら超えたときは素直に超えたことを伝えて、走行距離区分を変更したほうがいいんですね。

くるま博士くるま博士

そうだね。ただ今回のことはあくまで一例で、保険会社によっては変更が必要ない保険会社もあるから、契約中の保険会社でよく確認しておくことが大切だね。

契約時や更新時に設定した年間走行距離区分を超えると

契約時や更新時に設定した年間走行距離区分を超えると、保険契約中の途中でも年間走行距離区分の変更が必要になります。変更するときに変更日から保険満期日までの差額分の保険料を払う必要があります。

ただ保険会社によっては保険期間の途中でいちいち変更したりしなくてよい保険会社もあるので、契約中の保険会社で確認しましょう。

主な保険会社の設定できる走行距離区分と超えた場合の対応

保険会社によって選べる走行距離区分に違いがあります。また中には過去一年間に走った走行距離を申告する保険会社もあります。

・ソニー損保・・・「3,000km以下」「5,000km以下」「7,000km以下」「9,000km以下」「11,000km以下」「16,000km以下」「無制限」

ソニー損保では一年目と二年目の対応が違い、1年目は差額分の保険料を払い、二年目以降は「こえても安心サービス」が適用され、差額保険料を払う必要はありませんが、走行距離区分の変更は必要です。

・イーデザイン損保・・・「3,000km以下」「5,000km以下」「10,000km以下」「10,000km以上」

イーデザイン損保では過去一年間に走った距離を申請するようになっています。設定した走行距離区分を超えても、区分の変更や差額保険料を払う必要はありません。過去一年間の走行距離がわからない場合は、予想で設定します。初回契約の場合は「新規契約区分」が適用されるのでそちらから選びます。

・アクサダイレクト・・・「5,000km以下」「10,000km以下」「10,000km以上」

アクサダイレクトでは走行距離区分の変更と残りの保険期間に応じた差額保険料を払う必要があります。

・チューリッヒ・・・「3,000km以下」「5,000km以下」「10,000km以下」「15,000km以下」「15,000km以上」

チューリッヒでは走行距離区分の変更が必要です。変更すると追加・返還保険料が発生する場合があります。

・そんぽ24・・・「4,000km以下」「8,000km以下」「12,000km以下」「16,000km以下」「16,000km以上」

そんぽ24では過去1年間の実績距離を申請するので、変更の必要はありません。

・おとなの自動車保険・・・「5,000km以下」

おとなの自動車保険では過去1年間の走行距離実績に応じた走行距離区分で保険料が算出されているので、特に変更したり差額保険料を払う必要はありません。

年間走行距離の設定がない保険会社もある

年間走行距離の設定がない保険会社もあります。そういう保険会社では年間走行距離で保険料が変わらないので、年間走行距離が多い方は保険料が安くなる可能性があります。

年間走行距離の設定がない保険会社・・・SBI損保など

※平成28年10月1日より、SBI損保では走行距離区分の選択が導入されました。選択できる走行距離区分は、「5,000km以下」「10,000km以下」「15,000km以下」「15,000km以上」の4つとなっています。また、すでにSBI損保に契約中で、満期日が平成28年10月1日~平成29年9月30日までのユーザーの方は、「5,000km以上~10,000km以下」となっているので、更新の際に変更がある場合は変更しておきましょう。

予想の年間走行距離がわからないとき

年間走行距離がわからない場合は大体で計算しましょう。ほぼ毎日車を乗る方で一日10㎞程度でしたら年間で3000㎞~4000㎞です。このような感じで、一日に乗る距離はあまり変わらないでしょうからおおよその年間走行距離はわかると思います。

あまり乗らないという方でしたら、一番少ない走行距離区分を選んでも十分走行距離区分内におさまると思います。

もし全然見当がつかない場合はソニー損保で走行距離の目安を出してくれるページがあるので、そちらを参考にしてみてください。

契約距離区分の目安は│ソニー損保

なぜ走行距離が少ないほうが保険料が安くなる?

自動車保険はリスク分散型という形態をとっているため、走行距離が少ないほうが車に乗る機会が少なく事故にあう確率も低くなるということから、走行距離区分が少なくなるほど保険料が安くなります。

余った走行距離はどうなる?

設定した走行距離区分が余った場合はほとんどの保険会社では特に何もありませんが、ソニー損保では「くりこし割引」というサービスがあり、設定した走行距離区分より1000㎞以上余った場合、翌年の保険料から割引してくれます。