ノンフリート等級って何?仕組みや注意点などを紹介
カー坊カー坊

自動車保険の任意保険には、ノンフリート等級というものがあると聞いたのですが、それは何ですか。

くるま博士くるま博士

ノンフリート等級というのは、自動車保険のレベルみたいなものかな。

カー坊カー坊

レベルですか。ロールプレイングゲームみたいですね。

くるま博士くるま博士

そうだね。ノンフリート等級は、主に保険料に大きくかかわってくるものだから、レベル(等級)が高くなるほど保険料が安くなっていくよ。

カー坊カー坊

そうなんですか。では早くレベル99を目指したいですね。

くるま博士くるま博士

残念。ノンフリート等級は20までしかないから20以上は上がらないよ。でも早く20等級になったほうが保険料が安くなるね

カー坊カー坊

20等級までしかないんですね。では早く20等級になって、賢者に転職したいですね。

くるま博士くるま博士

いやいや、ドラクエ3じゃないから。

ノンフリート等級は1等級から20等級まである

0bff638c022a13df3ef7d34512901be5_s

ノンフリート等級は1等級から20等級まであり、等級が上がっていくほど保険料が安くなっていきます。初めて自動車保険に加入したときは、6等級からスタートし、一年ごとに1等級上がっていきます。

また、事故を起こして任意保険を利用すると、多くの場合は3等級下がります。

ただ、保険を利用しても、事故の内容によっては1等級しか下がらないケースや1等級も下がらないケースあります。

1等級しか下がらない事故のケースとは、天災や本人に落ち度がない場合に車両保険を利用した場合、1等級だけ下がります。

他にも保険を利用しても、人身傷害や搭乗者損害保険金のみが支払われたケースでは、等級は下がりません。

※ノンフリート等級は20等級までが基本ですが、自動車共済ではノンフリート等級が22等級まであることもあります。

割引率の違い

cfdccf9964c9d1b2184300a2726ff234_s

ノンフリート等級は、等級によって保険料の割引率が違ってきます。どれぐらい違うかというと、最初にスタートする6等級で割引率は19%、20等級になると63%の保険料が割引されます。

8等級になると割引率が40%となり、14等級になると50%の割引率になります。

また、3等級以下のなると、割引ではなく割増になります。1等級で64%、2等級で28%、3等級で12%の割増になります。

等級は家族から引き継げる

145702

ノンフリート等級は家族から引き継ぐことができるので、親などから等級を引き継ぐことで、初めて自動車保険に加入する場合でも20等級からスタートすることも可能です。

ただし、等級を引き継げるのは、家族であっても同居している方限定となります。同居していない親や兄弟、配偶者の親族など、同居している場合は等級を引き継げますが、同居していない場合は、どんなに近い親族であっても等級を引き継ぐことはできません。

初めて自動車保険に加入する場合は、親などから等級を引き継ぐことをおすすめします。自動車保険の任意保険は若いうちは保険料が高く、年を重ねるにつれて保険料は下がっていきます。(高齢は除く)

ですので、親から等級を引き継げば、親はまた6等級からのスタートとなり、保険料は上がってしまいますが、子供は20等級からスタートすることができ、保険料が安くなります。(親の等級が20等級だったという過程で書いています。)

この時の差額を考えたら、親が20等級、子が6等級より、親が6等級、子が20等級の方が大幅に保険料の節約が見込めます。

保険会社間で等級は引き継げる

df7b3752b2496e27f39fbce78ffbd08b_s

任意保険の保険会社を変更するときでも、問題なく等級は引き継げます。保険会社を乗り換える場合は、特に何かする必要もなく、新たな保険会社に契約するだけで、自動的に等級を引き継いでくれます。

保険会社を変更する時の注意点として、「自動継続特約」という特約が保険会社によってはあります。自動継続特約はその名の通り、保険の継続を自動で行ってくれる特約ですが、保険会社を乗り換える場合でも、自動で継続してしまうため、保険の2重契約になってしまう可能性があります。

そのため、自動契約特約が付帯されている場合は、保険会社を乗り換える場合、乗り換える前の保険会社に、保険の継続をしないということを伝えなければいけません。

事故で等級が下がる場合、事故有係数が適用

1bbc1fbb80c8bc223eb5498c6b5a716f_s

事故を起こして保険を利用した場合、1等級か3等級下がりますが、1等級下がる場合を「1等級ダウン事故」、3等級下がる場合を「3等級ダウン事故」といいます。この際に1等級ダウン事故の場合は1年間、3等級ダウン事故の場合は3年間、事故有係数のノンフリート等級が適用されます。

事故有係数のノンフリート等級の場合、通常のノンフリート等級より割引額が少し少なくなるので、少し保険料が高くなっていまいます。(事故有計数の場合は、10%~20%前後通常のノンフリート等級より割引率が少なくなります。)

ただし事故有係数が適用されるのは7等級までとなっているので、6等級以下の場合は通常の等級が適用されます。

事故の度合いによっては保険を利用しない

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

事故で任意保険を利用した場合、ノンフリート等級が下がったり、事故有係数のノンフリート等級が適用されるため、翌年からの保険料が上がります。ですので、事故の度合いによっては保険を利用せず、自分で車を修理したりしたほうが安くつくケースがあります。

そういったケースでは、当然任意保険を利用しない方が得になります。

そういう場合は、保険会社の方で指摘してくれるので、特に自分で損害額を計算する必要などはありません。保険会社の方とよく相談して保険を利用するかしないか決めるといいと思います。

等級は任意保険を解約するとリセットされる

fe8515e3ffb0c9dfc714be3afde12747_s

ノンフリート等級は任意保険を解約した場合、等級はリセットされ、次に任意保険に加入する場合、また6等級からのスタートとなります。困ったケースとして、任意保険の更新をし忘れて、等級がリセットされてしまうというケースがあります。

任意保険の更新は、任意保険の満期日までに契約しなければいけませんが、満期日を忘れてついうっかり保険の更新を忘れる人がいます。

更新を忘れた場合は、保険会社によってまちまちですが、猶予期間を設けてくれている保険会社もあります。短い保険会社では1週間ぐらいしかありませんが、長い保険会社では一カ月ぐらいあるので、もし更新を忘れた場合はすぐに保険会社に連絡しましょう。

また、車に乗らなくなり、一時的に任意保険を解約したい場合は、「中断証明書」というものがあります。

中断証明書を取得しておけば、任意保険を解約しても10年間はノンフリート等級を引き継ぐことができますので、任意保険を解約する場合は中断証明書を発行しておきましょう。

等級が6等級以下になった場合

5dde040ad82d27cb5ce5c17fa4d7f259_s

初めて自動車保険に加入する場合、家族などから等級を引き継がなかったら6等級からスタートしますが、事故を起こして保険を利用すれば、6等級以下になります。

4等級5等級の場合はそこまで問題ではありませんが、3等級以下になれば保険料は割増になってしまいますし、特に1等級など、特級がかなり低い場合は、保険の更新や乗り換えを拒否されることもあります。

等級が6等級以下になった場合、一度任意保険を解約して再契約すればいいのでは、と思う方もいるかもしれませんが、6等級以下の場合は、解約しても13ヶ月間は等級を引き継ぐようになっています。

ですので、一度任意保険を契約してすぐに再契約しても、特に意味はありません。