シエンタ(トヨタ)の中古車の選び方・相場・維持費など

シエンタは2003年にトヨタから発売されたミニバンで、現在までに2003年から2015年までに発売された初代、2015年から現在まで発売されている2代目の2シリーズが発売されています。

初代はガソリン車のみとなっており、2代目からはハイブリッド車も発売されています。

中古車に関しては結構出回っているので比較的簡単に探せると思います。

2代目シエンタの紹介動画です。

中古車の相場はいくら

とりあえずカーセンサーのシエンタの中古車相場表を見てみましょう。

[引用元: シエンタの中古車相場表]
※画像は2017年3月27日調べ

初代の初期の頃のシエンタになると、安い中古車も多く出回っており、10万~40万円前後の中古車が多くあります。安い車になればなるほど走行距離が多いなど状態が良くない車が多くなってきますが、探せば十分まだまだ乗れる中古車もあります。

2012年前後の新しい初代のシエンタになると、90万円台から120万円台ほどの中古車が多くこの辺りが相場になってきます。

2代目になると中古車でも200万円前後するものが多いので、2代目が欲しい場合はそれなりに予算が必要になります。

新車で169万~250万円ほどとなっているので、2台目が欲しい場合は新車の購入を考えてもよいでしょう。

維持費はどれぐらいかかる

シエンタはミニバンですので、そこそこ維持費はかかります。

■ガソリン代

燃費に関しては、ハイブリッドで19km前後、ガソリン車で13km前後になるようです。(車の状態や乗り方によって変わってきます。街乗りや渋滞では悪くなり、空いている道や高速などではよくなります。)

リッター13kmで計算すると、年間5000㎞乗った場合、レギュラーガソリンを120円で計算したら、年間46,153円となり、月3,846円となります。

■自動車税

シエンタの自動車税は34,500円となります。(減税などで変わる場合もあります)

ただし最初の新規検査から13年を経過した自動車は、自動車税が15%増しになるので、2017年現在、2004年以前の中古車になる場合は39,600円となります。

■自動車保険

自動車保険は普通の乗用車と同じぐらいだと思ってください。あとは契約内容や年齢、ノンフリート等級によって変わってくるので何とも言えません。

■車検

車検に関しては普通の乗用車と同じぐらいです。古い車になればなるほど故障個所や部品交換費用が掛かる可能性が出るので、車検金額が上がる可能性があります。

タイヤは5年ほどで寿命となるので、結構費用が掛かるのでタイヤの交換費用が必要になる可能性があります。

楽天車検の全国平均が71,930円となっています。

良かった点と気になった点

カーセンサーの口コミによると良かった点として挙げられていたのが、

・小回りが利く
・7人乗り
・乗りやすい
・スライドドアで乗り降りしやすい
・車内空間が広い

などの点が挙げられていました。

気になった点では

・7人乗ると少々窮屈
・内装がちょっと安っぽい
・燃費がいまいち

などの点が挙げられていました。